2015年03月04日

新千歳空港に鹿7頭侵入 鹿移動に除雪カーを使い、自衛隊の滑走路を借りる 2時間運休

「鹿7頭が侵入し滑走路閉鎖、新千歳空港混乱(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150304-00000049-sph-soci)」より引用


北海道の新千歳空港で3日午後7時15分ごろ、敷地内に7頭の鹿が侵入したため、滑走路2本を閉鎖した。午後8時すぎから隣接する航空自衛隊の基地の滑走路1本を使用して離着陸した。

 国土交通省によると、4日午前0時現在も鹿は敷地内にいて追い払う作業を続けており、滑走路は閉鎖されたままだという。

 この影響で2便が欠航、3便がほかの空港に代替着陸した。このほか、到着12便、出発19便に最高で2時間半の遅れが出た。鹿を追い払うため、国土交通省の車両9台が出動した。

 国交省の広報担当者は「鹿が迷い込むことは今までもあったが、7頭は聞いたことがない」と話している。

広告



今月3日の北海道の新千歳空港の、敷地内にシカが7頭侵入し、滑走路2本を閉鎖したというニュースです。

新千歳空港は、これまでも鹿に侵入されたことは過去にもあったそうですが、7頭という規模は初めてのようです。

群れでも迷い込んだんでしょう。

侵入した区域も飛行機の移動に使われる場所なので、滑走路を2本も閉鎖にないといけないようでした。

さらに、運航の時間が、国内線31便においては、約2時間強の遅れが出たとされています。

この飛行機に乗る予定だった人は、きちんと侵入できないようにしておけよ!とでも思ったに違いありませんね。

この先に予定がある人もいたでしょうからね。

最終的に、鹿を追い出した功労者は、除雪車などの車両9台だったそうで、鹿たちにケガをさせないためなのか、機体と鹿の接触はなかったようです。

わざわざ、この事件のために隣接している自衛隊の滑走路を一本使わせてもらっていたんだそうです。

自然の動物だけに、何をしでかすか分かりませんね。

これをきっかけに、空港の敷地内と敷地外の明確な柵というか境界を分けるようにフェンス等を設置したほうがいいんですが、どうなるんでしょうか。

案内に戻る

人気ブログランキングへ
広告


posted by メディプズ at 01:19| Comment(1) | 国内ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。