2015年02月27日

沖縄県でサンゴ礁損傷? 原因はコンクリートブロック?なぜ起きたのか

広告


順調に沖縄県宜野湾市にある米軍普天間飛行場の県内移設の準備が行われていると問題が起きていないので私は思っていましたが、ここで新しい問題が浮上したようです。

それも、サンゴ礁の損傷という自然保護の観点から見ると非常に大きい問題です。


沖縄県は今月26日にサンゴ礁が損傷しているということを確認したようです。

その内容は、防衛局が潜水調査にて確認したようで、沈めたコンクリート製ブロックがサンゴ礁を損傷しているとのこと。

防衛局曰く「許可区域外の8カ所で潜水調査し、ブロックの下でサンゴ礁が割れているのを1カ所で確認した。ほかにも岩礁破砕に当たるケースがあった」とのことであり、現状確認のため、10人もの人数による初日の調査後に沖縄県の新里勝也水産課長は、この結果を発表し、損傷状況を写真撮影し、位置を全地球測位システム(GPS)で確認したことも公表したようです。


沖縄県は、埋め立て工事を許可する際に、漁業調整規則に基づき「公益上の理由などにより指示をする場合は県の指示に従うこと」「申請外の行為をし、条件に違反した場合は許可を取り消すことがある」などの条件を付けていたよですので、これにのっとり翁長雄志知事がサンゴ礁損傷問題を利用して移設中止を発表する可能性も十分にあり得ます。


この後の行動によって、いろいろな事情が変わることになりますが、少なくとも現時点での状況を与党県議は「前知事による埋め立て承認後、やりたい放題だった国に対し、知事が正面から対決する姿勢を示した意義は大きい」と語っている様子。

しかし、現在損傷がこれで全てかどうかはまだわかっていないようなので、米軍の許可を得て制限区域内も調査を行って結果をその後分析するとしているとのこと。

ちなみに、沖縄大の仲地博学長はこのことを受けて、許可を取り消した場合、「政府は県を提訴するなど対抗し、判決が出るまでに移設作業を強行するだろう」と指摘しているとのこと。

この後は中止か存続どちらかになると思いますが、沖縄県民がどう思っているのか知りたいですね...。

案内に戻る

人気ブログランキングへ
広告


posted by メディプズ at 01:27| Comment(0) | 国内ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。